【新型コロナウイルス COVID-19⑬】フライングホヌに乗れず・・・おうちを快適に・・・特別定額給付金でトイレをリフォーム

2020 新型コロナウイルス
スポンサーリンク

ジェラ公です。

ANAでこんなキャンペーンをやっていて、定額給付金ももらったので、行ってみたいなと思い、

応募したんですが、残念ながらハズレ・・・😱

まぁ、150倍の応募があったらしいので、しかたないですね。

メールの続きにはこんなことが・・・

このクーポンが使える日が早く来てほしいですね。

スポンサーリンク

トイレをリフォーム

特別定額給付金の使い道を考えて、なんばをウロウロ。

なんばをウロウロした記事👇

結局、トイレをリフォームすることに。

タンクからチョロチョロ水漏れがしてて、調べていたらパイプが折れたので修理が必要になってしまいました。

この部品を交換するのに調べていたら・・・

部品自体は、そんなに高くない。

交換するのにタンクを取り外す必要があるので、それなら5年ほど前から温水便座が故障していたので、この機会に交換するかと思い、「ヤマダ電機 LABI1なんば店」に行ったら、けっこうな値段がします。

2万5000円~5万円ぐらい。

「それやったら、いっそ便器ごと交換するか?」と話が大きくなりまして、リフォームコーナーへ。

便器ごとの交換で、10万円。

これやったらもう交換してしまおう、という結論に。

このLIXIL(INAX)の製品が安くて良さそう。

今の便器もINAX製なので。

「フチレス構造」で掃除もしやすそう。

ただ、試しに座ってみたら、ちょっと小さく感じる。(ジェラ公は体がだいぶ大きい)

店員さんとそのことを話していると、現場作業を担当している人が打ち合わせのために売り場に戻ってきて、

「ご主人は、小も座ってしますか?」との質問。

「はい。」と答えると、「じゃあ、失敗が多くなりますよ。」という答え。

「フチレス構造」ため、小の出し方によったら便座と便器のあいだから漏れる可能性が、フチありよりも高いとのこと。

この現場作業の方、ジェラ公よりも大きい感じの人なので、説得力がありますね😮

ということで、オススメされたのがこれ。

パナソニック「アラウーノ」(S141)

当初の便器より5万円ぐらい高くなってしまいますが、節水効果が高いので、それを考えるとそこまで高くないかも?

タンクレスですっきりしたデザインもいいですね。(タンクレスなら今回のパイプが折れるようなトラブルもないかな?😄)

便座が大きめで、座り心地もいいですね。

「モレガード」が備わっています😁

便器内をキレイにする機能もあり。

交換工事

家を建てて16年間使ってきた便器の交換です。

ディズニー好き妻は、トイレも中もディズニー一色にしています😆

タンクが無くなって、スッキリしましたね。

便器の横にあるボタンを押すのではなく、壁付けリモコンもいい感じです。

後日、「トイレットペーパーストッカー」もおまけで持ってきてくれました。

水道管も隠せて、さらにいい感じに。

「アラウーノ」といえば、パナソニックの製品の中でも、旧「松下電工」で作っていた製品。(その当時はNationalブランド)

もう14年ほど前になりますが、夫が仕事関係の研修で半年間、松下電工にお世話になっていた時に、ショウルームでお客様に案内していた商品です。

電気シェーバー「ラムダッシュ」に引き続き、松下電工の製品がウチに来ることになり、なんだかうれしいです😄

コメント