【つみたてNISA・iDeCo】2023年12月の運用成績報告

NISA・iDeCo
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジェラ公です。

毎月恒例の資産運用報告です。

▼ 新NISAで「投資を始めてみようかな?」という人へ ▼

▼ オススメ本 ▼

エミン・ユルマズさんの「X」を読んでいたら、かなり勉強になります。

スポンサーリンク

79か月目の運用成績

運用は米国株(eMAXIS Slim S&P500/楽天VTI)

【2023年ルール】

つみたてNISA・・・夫&妻 毎月33,333円(年間40万円×2)

➡「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」

※楽天証券を利用

※楽天スーパーポイントで1ポイント投資(SPU+1倍対策)

※楽天カード払い(ポイント払いも利用・・・投資額から差し引く)

iDeCo・・・毎月12,000円

➡「楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式)」

※楽天証券を利用

2023年12月の運用状況

2017年6月から開始し、79ヶ月(6年7か月)たちました。

今月は

+126,191円 

総計+3,014,839円(+68.34%/年+10.38%)

運用総額は 

7,426,597円

となりました。

これまでの推移

※ポイント投資分は積立額計には入れていません

2023年12月のまとめ

2023年12月は2か月連続でプラス。

2023年は、12か月中9か月がプラスで終わりました。

12月の米国株式市場は、インフレの鈍化を受け、米連邦準備制度理事会(FRB)が2024年前半にも利下げに転じるとの観測が強まり、長期金利が大幅に低下したことを受けて、大きく上昇しました。

ドル円相場は、FRBによる利下げ観測が強まり、米長期金利が大幅に低下したことによる金利差縮小から大きく上昇し、141円近辺で終了しました。

2023年後半は、7月末は142円・8月末は145円・9月末には149円そして10月末には151円と、円安が進行していましたが、11月に147円台とすこし円高になったのに続いて140円まで円高が進行。

このため米国株は大幅に上昇しましたが、円高に振れた影響で、円換算にしたジェラ公の資産はあまり大きくは伸びませんでした。

2023年のS&P500は、24.2%上昇、2021年来の上げとなり、米国株市場の強さを示した年でした。

一方、日経平均は28.2%上昇、米国株の上昇率を上回ったものの、円建てにしたS&P500はドル高の恩恵を受け33.6%上がっています。

円安は、ドル建てで資産運用しているジェラ公にとっては資産が増えるのでいいですが、一方で海外旅行に行きづらくなっているので、米国株の上昇中に円高に振れていってくれたら、マイナスにならず精神衛生上いいかもなぁとか思ったりしています。

まぁ米国株が上昇しても下落しても、ドル円相場が上昇しても下落しても、つみたてNISA・iDeCoは長期のインデックス投資ですので、今後も淡々と積み立てていくだけです。

これまでの経過

NISA・iDeCo
「NISA・iDeCo」の記事一覧です。

「つみたてNISA」のわかりやすい動画

「つみたてNISA」を始めたい人へ

つみたてNISAやiDeCoについてまとめています。

ぜひお読みください👇

👇ポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

※投資は自己責任で!

スポンサーリンク
NISA・iDeCo
スポンサーリンク
シェアする
ジェラ公をフォローする
ジェラ公の海外珍道中日記

コメント