【2017年8月 パリ旅行(シンガポール経由)3日目】パリに無事到着するも、泊まるアパルトマンの地図が違っていてたどり着けない。そこに救世主のmadameが!

2017.08 パリ・シンガポール
スポンサーリンク

ジェラ公です。

シンガポールに到着して18時間。ようやくパリに向けて出発です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
ジェラ公をフォローする

パリへ

エアバスA380に搭乗

0:10にチャンギ国際空港を出発。世界最大の飛行機、エアバスA380で一路パリを目指します。総2階建てなのですが、残念ながら1階席。まぁ壁が垂直な感じが、2階席あるんやなぁと思わせてくれるところです。

1回目の機内食① チキン

1回目の機内食② ビーフの麺

2回目の機内食①ビーフの麺(1回目とは違う味付け)

2回目の機内食②チーズオムレツ

パリに到着

パリ市内に移動

飛行中は食事以外は、ほぼ寝ていました。(ここまで結構ハードスケジュールなんで・・・)

13時間20分の飛行時間で、無事に7:00にパリ・シャルル・ド・ゴール空港に到着。ヨーロッパは12年ぶりです。

入国手続きを済ませ、RER(エル・ウー・エル)に乗って、宿泊するアパルトマンに向かいます。

パリで公共交通機関を利用するなら「ナヴィゴ・デクーヴェルト(Pass Navigo Decouverte)の発行が便利です。

目指す駅は地下鉄8号線「Félix Faure」。今回はアパルトマンに泊まりますが、いわゆる民泊なので、建物の前で係の人と待ち合わせになります。

まさかの迷子!

RERから地下鉄に乗り換え、10:00ごろに、Félix Faure」に到着。途中、パリ北駅の乗り換えでゴチャゴチャしてる時に、怪しい若者が、夫のズボンのポケットに手を突っ込んできて、あせりました(スリ!)。あらてめて治安には注意せなあかんなということと、ポケットにはものを入れてはならないということを思いました。最近治安のいいところばかり行っていたので、ボケてました(-_-;)

駅を出て、メールにのっていた地図を見ながらアパルトマンを探します。

しかし、それらしき建物がない!しばらくそのあたりをうろうろしましたが、ぜんぜん見つからない。どうなっているんだと思い、事務所に電話しましたが、ジェラ公のつたない英語では、なかなか伝わらない・・・。

やす
ジェラ公

対面でしゃべったら、まだ身振り手振りとかもあっていける時もあるんやけど、電話は難しい・・・。

「その駅で待っておくように。」と言われた気がしますが、1時間以上待っても、いつまでたっても会えず、自分たちがいる場所が合っているのかもわからず、またもう一度電話しても、なかなか意思疎通もうまくいかず、と途方に暮れていたら、「どうしたの?」という感じで、優しそうな初老のMadameが近づいてきました!

救世主Madame登場!

このMadame、ジェラ公たちのつたない英語を一生懸命聞いてくれ、またゆっくり英語でしゃべってくれ、そして地図の書いてあるメールを印刷した紙を見ながら、事務所に電話をしてくれました。

そして、きちんとフランス語(当然やけど)で聞いてくれて、正しい場所を丁寧に教えてくれました。(全然違う場所でした。)

Madameにお礼を言い、手持ちのお菓子をお礼のつもりで渡そうとすると、

いいのよ。実は私も昔、日本に行ったことがあって、そこで同じように道に迷って困っていたら、親切な日本人に助けてもらった経験があるの。だからあなたたちも、日本で困っている外国の人を見かけたら、ぜひ助けてあげてね。いい旅行を!

と言って、にこやかに去っていきました。

涙が出そうになりました。

で、正しい場所は、ここ↓

Félix Faureからの行き方

ということで、なんとかアパルトマンにたどり着けそう。Madameには本当に感謝です!

やっと部屋に

アパルトマンの部屋

12:30ごろに、やっとこさアパルトマンに着き、建物の前から事務所に電話したら、30分ほどでバイクに乗って鍵を持った人が現れました。

古いけど、なかなか雰囲気のいいお部屋です。キッチンも使いやすそう。鍵を持ってきた兄ちゃんもフランクな感じでいろいろ説明してくれます。

またも問題発生!

一通り部屋の備品を見ていると、なんと洗濯機の扉の取っ手部分が壊れていて開けられない!

事務所の方もそれは把握してなかったらしく、兄ちゃんが何やら電話で連絡を取った後言ったことは「徒歩7分にコインランドリーがあるからそれを利用してほしい。」でした。

これは飲めない。アパルトマンにした意味がない。出かけているときに洗濯しときたいんや~!

なので「それは困る。部屋を替えるか、早急に修理してもらわないと困る。」的なことを強く要求したら、またなにやら事務所に電話して、新しい洗濯機に入れ替えてくれることになりました。やっぱり言ってみるもんですね!

近くのスーパーで買い出し

洗濯機の手配をして、もう一度来るとのことでしたので、買い出しに行くことにしました。

MONOPRIX(モノプリ)」というスーパーが近くにあるので行ってみます。

チーズやワインがたくさんあって、しかも安い!

スパークリングワインが1.99ユーロ

今日の買い物。

部屋に戻ってきたら、新しい洗濯機を設置に来ました。

今日の晩御飯

パリ結構寒いですね~😅

やす
ジェラ公

何か今日は一日大変やったわ…

早朝着の便でまだよかったわ。

コメント