2019.12 リニューアルした大阪・梅田「泉の広場」に行ってみた!

徒然雑記
スポンサーリンク

ジェラ公です。

ゴールデンウィークが終わった2019(令和元)年5月9日より、リニューアル工事のために閉鎖されていた、大阪・梅田の地下街「Whity梅田」にある「泉の広場」周辺が、12月4日で工事が終わり生まれ変わりましたので、行ってみました。

阪急梅田駅。クリスマスムード一色ですね!

スポンサーリンク

泉の広場

梅田の待ち合わせ場所としても有名な「泉の広場」。1970(昭和45)年に地下街に噴水広場が作られたのが始まりです。大阪万博の年ですね。

その後リニューアルされ、2002年に3代目の広場になり、親しまれていました。

時は流れ、令和元年となった今年2019年に、周辺部も含めてリニューアルし、噴水はなくなることになりました。

5月6日が最終日。たくさんの人が別れを惜しんでいました。

ホワイティ梅田の、このあたりから通行止めになります。

ちょうど泉の広場の横にあった、リーズナブルな立呑み屋さん。

何回か来ましたが、一旦閉店とのこと。

ちなみに、七津屋は大阪に姉妹店があります。

七津屋 大阪駅前第2ビル店

七津屋 大阪駅前第4ビル店

七津屋 京橋店

七津屋 なんばウォーク店

リニューアル工事開始

5月9日から工事が始まりました。

12月5日にリニューアル完了。

NEW 泉の広場

行ってみましょう!

大阪駅(梅田駅)のほうからホワイティ梅田を進みます。

「泉の広場」という名前は残ったみたいです。「NOMOKA」という場所ができたみたいですね。

ここからがリニューアルしたところ。

床と天井が違いますね。

「古潭」(大阪発祥の老舗ラーメン店)・「大阪トンテキ」・「うどん王」。これらはリニューアル前は泉の広場の奥にあったお店。手前に新しい店を構えました。

「永谷園」プロデュースのだし茶漬けやさん😲

豚汁定食専門店なんて珍しい!

さらに進むと、新しい「泉の広場」が見えてきました。

泉はありません・・・

代わりに、木のようなものが・・・

「Water Tree」というみたいです。

「立呑み 七津屋」があったところには、おしゃれなクラフトビールのお店。

先ほど触れた「古潭」・「大阪トンテキ」・「うどん王」があったあたりが「NOMOKA」になっています。

NOMOKAのお店。残念ながら「七津屋」はないですね。

「天ぷら 大吉」は堺で夜中しか開いていないお店かな?

堺の本店は、あさりの味噌汁も名物で、飲み終わった後貝殻を床に捨てることでも有名なのですが、このお店の床も貝殻が埋め込まれたデザインになっています。

天ぷら大吉 ホワイティうめだ店

天ぷら大吉(本店)

「徳田酒店」。大阪駅前ビルなど、梅田界隈に数店あって、どのお店もいつも混んでいるのですが、ここも混んでますね。

徳田酒店

「わすれな草」。ここで一番人気はこのお店でした。すごい行列!

わすれな草

【おまけ】ホワイティ梅田とつながっている「富国生命ビル」にある、いつも行列の居酒屋「酒場やまと」は今日も行列。一度行ってみたいなぁ・・・

酒場 やまと

スポンサーリンク
徒然雑記
スポンサーリンク
ジェラ公をフォローする
ジェラ公の海外珍道中日記

コメント