【2019.07 タイ・バンコク旅行 2日目①】古都アユタヤへ。

2019.07 バンコク
スポンサーリンク

ジェラ公です。

昨日バンコクに着きまして、大学時代の友人(夫妻)の家に泊めてもらっています。

入り口に守衛さん(門を開けてくれる人で、いかつい感じではない)がいて、出入りに時には「サワディカップ」(全てのあいさつがこれでOK)と「コップンクラップ」(ありがとう)というようにアドバイスされました。

ちなみに、男性が「サワディカップ」・「コップンクラップ」で女性は「サワディカー」・「コップンカー」らしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
ジェラ公をフォローする

タイ1日目は、古都アユタヤへ

アユタヤへは国鉄で。まずはBTS。

タイの滞在は実質2日。1日目はアユタヤへ行くことにしました。

ネットで調べていると、行きはタイ国鉄でいくのがいい感じ。国鉄のバンコク駅は、MRTの「ファランポーン」駅なので、まずはそこに向けて出発。

友人宅からの最寄り駅、BTS「プロンポン」まで歩きます。

10分ぐらいで「プロンポン」に到着。

乗換駅「アソーク」までは1駅。

MRTに乗り換え

BTS「アソーク」はMRT「スクンビット」と同じ駅。

MRTに乗り換えて「ファランポーン」に向かいます。

「ファランポーン」に到着。

国鉄「バンコク」駅

しばらく地下道を歩くと、国鉄「バンコク」駅です。

「アユタヤ」行きのチケットを購入。

最初、8:20発の「EXPRESS」を示されましたが、せっかくなので、8:30発の「SPECIAL EXPRESS」のチケットを購入。

到着時間はほぼ変わらないのですが、ちょっと贅沢してみました。(345バーツ=1,200円)

国鉄「バンコク」駅は、BTSやMRTとは打って変わってレトロな感じ。いいですね~!

8:30発ですが、早い目に駅に来たので、まだ7時台です。

タイでは朝8:00になると、街中で国歌が流れます。その時間になるとみなさん起立して国歌を聞きます(仕事中の人も)。

すばらしいなと思いました。

アユタヤ行き8:30発 Special Express(実際はチェンマイ行き)

Special Express 7は、10番線からの発車。

列車が到着しました。

2等指定席。

ホームが低いので、乗るのにちょっと苦労。

車内はこんな感じ。

Special Expressですが、車内はそんなにスペシャルな感じではありません。

でも指定席で、クーラーがガンガンついているので快適です。

アユタヤには9:47着予定。1時間半ぐらいですね。

車内食

「Special Express」ということで、車内食が配られました。

乗り越した??

車内食を食べながら・・・

9:40を過ぎて、「そろそろアユタヤに着くな。」と思っていました。

停車時間が短いので注意とは聞いていましたが、まぁ降りる人もいるやろし、アナウンスもあるやろなと思っていました。

ちょうどアユタヤに着く9:47ごろに、窓から見たら何もないところで列車が一時停止しました。

それまでも、よくわからないところで一時停止したりしていたので、「またか~」と思いながら、ボーっとしてました。

しばらくして列車は進みだして、その後どんどん加速して10分ぐらい走り、9:47を普通に過ぎているので、「ヤバい、さっき止まったところがアユタヤか?もしかして降り損ねた?」と思い、だいぶ焦りました。スマホで次の停車駅を調べると、ここまでは10~20分ぐらい毎に駅に停車していたのが、だいぶ田舎に来ているためか、アユタヤの次の停車駅までは40分後となっています。

「まずいぞこれは!」と思い、とりあえず友人にLINEで「降り損ねたかも?」と伝えましたが、友人曰く、「アユタヤ周辺は英語も通じにくいで。大変なことになってるやん!」と焦らせてしましました。

が、その直後、列車は減速しはじめ、「アユタヤ」と書いてある駅で停車。

遅れていただけでした😅

アユタヤ到着

無事、「アユタヤ」駅に着きました。レトロな雰囲気で、いい感じですね。

友人、焦らせてしまってゴメンナサイm(__)m

タイではプリペイドSIMがおトク

Amazonで440円で売っています。 機内で入れ替えて、 到着してすぐから、 8日間で3GBまで使えます。速度も快適でした。

SNSフォローボタン
ジェラ公をフォローする
スポンサーリンク
2019.07 バンコク
スポンサーリンク
ジェラ公をフォローする
ジェラ公の海外珍道中日記

コメント