【2019.07 タイ・バンコク旅行 3日目②】夜になり、インスタ映えスポット「ラチャダー鉄道市場(タラートロットファイ・ラチャダー)」へ。

2019.07 バンコク
スポンサーリンク

ジェラ公です。

毎年5月に関西国際空港で開催される、「関空旅博」でいろんな情報を集めていますが、今年は夏にタイに行くということで、「楽しみたいならタイに行け」というセミナーに参加しましたが、そこで気になったのが「ラチャダー鉄道市場」。昔、鉄道の車庫だったところを利用して、毎日ナイトマーケットが開かれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
ジェラ公をフォローする

ラチャダー鉄道市場( タラートロットファイ・ラチャダー) へ

今日は友人(夫)が仕事でちょっと帰りが遅くなるとのことで、夕食までの時間に、友人(妻)に「ラチャダー鉄道市場」で行われているナイトマーケットをアテンドしてもらいました。

まずはBTS「プロンポン」から隣の「アソーク」へ行き、MRT「スクンビット」から「タイ文化センター」へ。

30分ぐらいで到着。

2015年1月にオープンした鉄道ナイトマーケット。毎日午後5時頃から深夜0時頃まで開催していて、特に週末は賑わいます。約1,000軒の雑貨やアンティーク、ファッションはもちろん、フード屋台から理髪店まで揃い、観光客や地元の若者達にも人気です。メインの建物はレトロなデザインで、おしゃれなカフェが立ち並び、マーケット内の広場ではライブなども開催されています。
また、隣接するショッピングモール、エスプラネードの駐車場上層階からの絶景は、今やフォトジェニック・スポットとして観光客を中心に知れ渡り、屋台の屋根が密集したカラフルな写真が撮影できるスポットとして、バンコクの新名所となっています。

タイ国政府観光庁

駅を降りるときから人の波。まぁどこの出口から出たらいいかは迷いませんね(笑)

駅を上がると、まずは「エスプラネード」というショッピングモールを目指します。

こののショッピングモールの駐車場から、ラチャダー鉄道市場全体を眺められるのですが、これがインスタ映えすると人気。

夫はインスタグラムをしませんが・・・😅

ショッピングモールを出て、ナイトマーケットに行ってみます。

夜市は圧倒的な賑わいです。

虫を調理しているお店がありました。

サソリが目についたので、食べてみることにしました。

腹の部分を割って、スプレー(醤油かな?)を吹きかけ、香辛料みたいなものをふりかけて、渡してくれました。

友人は引いていましたが(笑)、なんか変わったものにトライしてみたい性分です。

焼いたえびの、焦げている部分みたいな感じでおいしかったです。

あと、絶対飲みたかったスイカスムージー。

友人いわく、種をきっちり取った状態で作ってくれるかがポイント。種をきちんと取らないまま作る店は、雑味が残るらしいです。

ここのはきちんと取ってくれています。

スイカの皮で作った器に入れてくれたりもするみたいですが、飲みやすさ優先でプラスチックの器に入れてもらいました。

超美味!

昼に飲んだマンゴースムージーよりだいぶおいしかったです。(マンゴーもおいしかったけど、その上の上ぐらい)

たこ焼きみたいなのを作っていますが、丸めないみたいです😁

この後、仕事を終えた友人(夫)から連絡があり、タイ料理屋さんに向かいます。

タイではプリペイドSIMがおトク

Amazonで440円で売っています。 機内で入れ替えて、 到着してすぐから、 8日間で3GBまで使えます。速度も快適でした。

SNSフォローボタン
ジェラ公をフォローする
スポンサーリンク
2019.07 バンコク
スポンサーリンク
ジェラ公をフォローする
ジェラ公の海外珍道中日記

コメント