【2019.08 沖縄旅行 3日目①】「ダブルツリーbyヒルトン那覇」をチェックアウト。レンタカーを借りて、「おきなわワールド」へ。

2019.08 沖縄
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジェラ公です。

沖縄3日目。ですが、もともとの予定では、今日までソウルにいて、沖縄にやってくる日です。ということで、今日からはいろいろ予定を組んでいたり、予約をしています。まずは予約していたレンタカーを借り、泊まる北谷のホテルに向かって移動となります。

1つ前の記事はこちら↓

スポンサーリンク

「ダブルツリーbyヒルトン那覇」の朝食

7:30から朝食。今日は昨日なかった「人参しりしり」がありました。

今日からはレンタカー

「ダブルツリーbyヒルトン那覇」をチェックアウト

9:30にホテルをチェックアウトしました。

今日から4日間はレンタカーを借ります。もともとは夕方にソウルから福岡経由で那覇に到着し、空港でピックアップしてもらってレンタカーを借りる予定でしたが、予定変更で朝から借りたい旨連絡すると、「1日単位の料金なので、問題ないですよ。」とのことでした。

さらに、当日は旭橋駅周辺に泊まっていると言うと、「那覇空港まで来ていただかなくても、一つ手前の赤嶺駅までお迎えに行きますよ。」とのことでした。

ということで、ゆいレールに乗って「赤嶺駅」へ。

ゆいレールの2日乗車券は24時間制のため、まだ有効です。

「赤嶺駅」に到着

赤嶺駅は、「日本最南端の駅」らしいです。(ちなみに那覇空港駅は日本最西端の駅でした)

「DHレンタカー」那覇空港店

今回のレンタカーは「DHレンタカー」という所で借りました。あまり聞いたことがありませんが、「ダイワハウス」の新ブランドらしいです。

乗車人数は3人ですが、大型スーツケースを3つ乗せないといけないので、ステーションワゴンか小さめのミニバンがいいなと思って「楽天トラベル」で探したところ、トヨタの「シエンタ」限定で、4日間・17,800円という格安価格で予約できました。

赤嶺駅からお店に着くまで雨がどしゃぶりで、お店の人に「旅行中、傘をお貸ししますよ。」と言ってもらいました。

ところが契約書類にサインをして外に出てみると、雨がやんでいます。さすが夫=晴れ男😄(念のため傘はお借りしました)

いざ、出発!

おきなわワールド

「 沖縄の魅力のすべてが一堂にそろう沖縄屈指の観光スポット 」というおきなわワールド。

沖縄の魅力のすべてが一堂にそろう沖縄屈指の観光スポット、おきなわワールド
約30万年の年月をかけて造り上げた全長約5kmの鍾乳洞・玉泉洞(ぎょくせんどう:890mを公開)をはじめ、ハブの知られざる秘密がわかる世界唯一のハブ博物公園、築100年以上の古民家を移築し琉球王朝時代の町並みを再現した琉球王国城下町での工芸体験、ハブ酒や沖縄の地ビールを製造販売する南都酒造所など、沖縄の魅力がすべて堪能...

妻がここにある鍾乳洞に行ってみたいということで向かいます。

すべて一般道利用で、35分で到着です。

ハブ博物公園(HABU MUSIUM PARK)

まずはハブのショー。

今は、こんなことはやってないみたいです。

ハブが出てきました。

軽妙な語り口で楽しませてくれます。

コブラが出てきました。

コブラは後ろが見えないらしいです。こわ~!

ラストは「エラブウミヘビvsマングースの水泳対決」

まさかのマングースの勝利!

出口の手前に「気持ち悪がられる動物コーナー」がありました。

イグアナ。おさわりOK。

これはさわってはいけません!

このゴキブリは外に住み、羽がないらしいです。

玉泉洞

おきなわワールド内にある鍾乳洞、「玉泉洞」。

中はちょっと涼しそうですね。

サンゴ由来の石灰岩による鍾乳洞だそうです。

130段の階段を下ります。

けっこう長くて、本格的な鍾乳洞でした。

玉泉洞のあと、スーパーエイサーのショーを見ましたが、そこは撮影禁止でした。迫力があって楽しめました。

健康バイキング「ちゅら島」

お昼ご飯は、園内のバイキングレストラン。

大東寿司

カジキマグロのづけです。ねっとり甘辛くておいしい。

ほろほろジューシー

ジューシーのお粥。

もずくの天ぷら

チキアギー(いかの天ぷら)

ソーキの煮付け

クーブイリチー(昆布のイリチー)

ミミガー春雨

パパイヤ炒め

ジーマーミー豆腐

沖縄そば

コーレーグースもちゃんと置いてありました。

タコライス

自分で作ります。タコライスは食べたかったので良かったです。

フルーツ類・その他

ゆいレールの駅にも売っていた「35(サンゴ)コーヒー」もありました。

ハイビスカスジュースが甘酸っぱくておいしかった。

外では「流しそうめん」もやっていました。(食べていませんが)

「テーマパークの食堂やからな~。」とあまり期待していませんでしたが、沖縄料理がたくさんあって、これでドリンクバー込み1500円は、かなりコスパ良しです。

次の記事はこちら↓

コメント