【2018-2019 ラスベガス&グランドサークル 2日目】ページの町へ移動。ロウワー・アンテロープ・キャニオン&ホースシュー・ベンド。

2018.12-2019.01 ラスベガス&グランドサークル
スポンサーリンク

ジェラ公です。

今日はラスベガスよりさらに297マイル(475キロ)東に行ったページという町へ移動です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
ジェラ公をフォローする

Page(ページ)へ

ページはアリゾナ州で、ラスベガスよりも標準時が1時間早いので、早い目に行動しないとすぐに夜になってしまいます。

ということで、8:00にホテルをに出発。車内で日本から持ってきた「一本満足バー」「カロリーメイト」「インゼリー」「チョコパイ」などを食べて、食事の時間を短縮します。

途中、ちょっと雪が降っているところもありましたが、渋滞もなく、6時間ほどで着きました。

ロウワー・アンテロープ・キャニオン

ページの周辺には見どころがたくさんあります。

アンテロープ・キャニオンとホースシューベンド、訪れる前に知っておきたいこと
アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)とホースシューベンド(Horseshoe Bend)は、2012年11月終わりのグランドサークルをめぐる旅で3番目に訪れた場所です。2016年1月に再訪しましたのでその時の様子も追加

「アンテロープキャニオン」。妻が特に行ってみたい場所でしたが、アッパーとロウワーの2か所があります。メジャーなのはアッパーで、そっちは明日の朝のツアーに予約が取れたのですが、ロウワーは取れませんでした。なので飛び込みで行ってみます。

アンテロープ・キャニオンは「ナバホ族」が管理しているので、勝手に入って見学することはできませんので、ガイドツアーに参加することになります。

ロウワー・アンテロープ・キャニオンのツアー会社は「Ken’s Tour」か「Dixie Ellis」です。

14:30ごろ到着しましたが、両ツアーとも満員でキャンセル待ち。「Ken’s Tour」で並んでみることにしました。

雪が降ってきて、気温がどんどん下がっていきます・・・

1時間半ぐらい待ちましたが、最終ツアーの案内が終わった後、「今日はおしまいです。」とキャンセル待ち客に案内があり、一同ため息。残念・・・(>_<)

以前は飛び込みでも行けたみたいですが、近年は人気が上がってきて、予約必須です!

ロウアーアンテロープキャニオンは事前予約必須!ツアーの予約方法を解説します。 – Tabeans(たびーんず)
アンテロープキャニオンと言えば、波目の模様が美しい景観が有名です。 アッパーアンテロープキャニオンとロウアーアンテロープキャニオンの2か所が有名ですが、その中でもロウアーアンテロープキャニオンは、間近でアンテロープキャニオンの様子を観

ホースシュー・ベンド

気持ちを切り替えて、次はホースシュー・ベンドへ向かいます。

駐車場無料と聞いていたのですが、入り口からちょっと離れたところの有料駐車場($20)にとめて、シャトルバスで送迎してもらう方式に変更されていました。

シャトルバスを降りて、ホースシュー・ベンドまでは徒歩20分ぐらい。


小雪が舞い散って寒いですが、見事な景色です!(ホースシューとは馬の蹄鉄のこと)

コロラド川の水は凍っています。

「柵もないので注意、毎年死者も出ています。」とガイドブック等では書いてありましたが、柵がありました。

でもこんな人もいますけどね(^-^;

駐車場に戻ったら、雪がうっすらと積もっていました。

ホテルにチェックイン

ホテルと、各エリアの位置関係はこんな感じ。(すべてクルマで10~20分圏内です)

ページのホテルは「クラリオン イン ページ レイク パウエル(Clarion Inn Page – Lake Powell)」というチェーン展開されているモーテルです。

安くてキレイで部屋も広く、朝食と電子レンジ・冷蔵庫(2ドア)と無料wifiも付いています。(1泊1室 7600円)

Walmart(ウォルマート)で買い出し

大きなスーパーでテンションが上がりますね。

ビール30本でこの値段。安い!

本日の購入品&夕食

夕食は購入した「TVディナー」(テレビを見ながらでも作れる夕食ということから、アメリカではこう呼ばれているらしい※諸説あり)。
部屋でレンチンできると、安くすませられますね。

大雪!

夜半になり、本格的に雪になりました。

現地時間12月28日0:00なのですが、すごい雪です。これは想定外。AWDのSUVでオールシーズンタイヤをはいているのですが、明日走れるのか💦❓

コメント